ホーム > 学習院公式ブログ

大学史料館では、11月28日~12月22日まで高等科生によるミニ展示
「学びの窓に吹くそよ風~高松宮旧蔵教科書展~」を開催しています。

20181214_011.jpg

この展示は学習院高等科2年生総合「博物館を知ろう」の成果として、
毎年テーマを代えて行われています。
この総合では受講生に、資料の取り扱い方法から調査、展示方法を学んでもらい、
実際に展示図録の作成などを通して、学芸員が日常的に行っている業務を体験し、
博物館への興味・関心を高めてもらうことを目的としています。

平成30年度は、大正天皇の3人目の皇子・高松宮宣仁親王(1905~1987)
が使用していた学習院初等学科・中等学科時代の教科書を取り上げています。
史料館には高松宮家から寄贈された教科書が120点ほど収蔵されていますが、
教科書をテーマとして展示を行うのは初めての試みということです。

受講生は1冊ずつ担当の教科書について調査し、1、2学期を通して
展示図録の内容を執筆し掲載する写真も撮影にあたっています。
また実際の展示の準備やパネルの作成も全て自分たちで作り上げています。

20181214_012.jpg
(写真)『動物学新教科書』冒頭カラー頁 1917年12月13日発行 
この教科書には人間や動物の細胞についての記述がないことから
当時の顕微鏡はあまり発達していなかったと考えられる。
本資料は高松宮が中等科の時に使用されたと思われる。
(展示図録より抜粋)

20181214_013.jpg
(写真左)『馬術教程 陸軍中央幼年学校本科用 全』
乗馬の方法 1916年7月発行
展示パネルでは、学習院が日本で初めて学生馬術教育を正規の授業と定め、
現在は「馬術部」として伝統を受け継いでいることが解説されている。

20181214_014.jpg
(写真中央)『大正改版 中学読本 巻一』1912年11月5日発行

20181214_015.jpg
(写真)展示図録 表紙
『大正改版 中学読本 巻一』を元に受講生が表紙のデザインも行っている。
展示された教科書について、筆者や関連項目についても分かりやすく解説されている。
会場にて無料配布。

20181214_016.jpg
(写真)『新定 漢文読本 二』目次下書き込み
「外国のことのは習ふ 我々の 学びのまどに吹く そよかぜ」
ミニ展示のタイトルは、この書き込みの発見から受講生たちが考案した。

20181214_017.jpg
(写真)受講生が描いたイラストを使用したポスター。
展示した教科書の内容をモチーフに、精彩に描かれた力作。

今回展示されている多くの教科書は一般に流通しており、
そこまで珍しいものではないかも知れませんが、随所に宮自身の印や
書き込みが残されており、この世に1点しかないものになっています。
また実際に学習院で教鞭をとっていた筆者が多く、
この点に注目して見学するのも興味深く感じました。
12名の受講生がそれぞれ1、2学期を通して1冊の教科書と向き合い、
会場全体の見やすさや、デザインにもアイデアが詰まった展示となっています。

このミニ展示は12月22日(土)まで学習院大学史料館にて開催中です。

学習院高等科のホームページはこちらから
学習院大学史料館のホームページはこちらから


現在、JR新宿駅東口にある紀伊國屋書店新宿本店7階フロアで、
都内の女子大学図書館合同企画「東京の女子大学学生が選んだおすすめ本」フェアが
12月3日(月)から27日(木)まで開催されています。
開催期間中は本学学生がデザインしたポスターも書店内に貼られ
フェアを盛り上げています。

20181211_001.png
(写真)本学学生がデザインしたフェアのポスター

このフェアは各女子大学の学生が厳選した60冊のおすすめ本と、
本ごとに「おすすめコメント」が書かれた学生手作りのPOPカードを合同で展示して、
広く一般の方にご覧いただこうという企画です。
都内の女子大学による学生選書本の合同展示は今回が2回目となります。
白百合女子大学・聖心女子大学・清泉女子大学・東京家政大学・
東京女子大学・日本女子大学そして本学が協力して開催しました。

また今回のフェアにお越しいただけない方にも展示を楽しんでいただけるよう、
紀伊國屋書店のご協力により、おすすめ本とPOPカードの画像を
紀伊國屋書店のWebサイト上において、ご覧いただけることになりました。
紀伊國屋書店新宿本店のWebサイトはこちらから
(サイト内のPOP画像をクリックすると詳細をご覧いただけます)

「東京の女子大学学生が選んだおすすめ本」フェアは、
紀伊國屋書店新宿本店7階で、12月27日(木)まで開催されています。
各女子大学の学生が厳選したおすすめ本と素敵なPOPが皆様をお待ちしていますので、
お近くにお出かけの際はぜひご覧ください!

学習院女子大学図書館のホームページはこちらから
学習院女子大学のホームページはこちらから


学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋管理人の三樹さんから
11月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************
今年は雪が遅いようです。初旬に1回降りましたが積もる事もなく、
下旬になってようやく1日中降って小屋周りも白くなりましたが
やはり2~3日で消えてしまいました。
天気予報でも今年は暖冬と云われているようで、
何となく今までより暖かい11月の様な気がします。

小屋では例年のとおり小屋の雪囲いや水抜き、
灯油をドラム缶に6本、プロパンガスは7本補充し、
砂利道には積雪時の目印棒を立てたりして冬の準備が整いました。

20181127_001.jpg
雪囲いをした光徳小屋。
下旬に降った雪も直ぐに融けて日陰に残るだけで寂しい気もします。

20181127_002.jpg
日の出前の光徳牧場裏からの男体山。
頂上付近は白くなり、雲はオレンジ色に染まっているのですが
拙いカメラではチョット分かりにくいですね~。

20181127_003.jpg
今年はシカが少なく小屋でもあまり見かけないのですが、
夕方に光徳牧場の前で車の前に突然現れた雄シカです。
近寄っても逃げる様子もなくしばらく車の中からニラメッコしていました。

今月は日光白根山の直下にたたずむ弥陀ヶ池と五色沼のお池巡りをお伝えします。
山は雪化粧を始めたばかりで積雪は5~10センチ程度でしたが
素晴らしい快晴の下で気持ちの良い山行でした。

20181127_004.jpg
早朝の金精道路を走っていると、金精山の上に白く光る月が目に入ってきました。

20181127_005.jpg
お馴染みの日光白根山に向かう菅沼登山口の駐車場。
他にも10台くらいの車が駐車していました。

20181127_006.jpg
登山道は10センチ程度の積雪。
日が差さず気温もかなり低いので手袋をしていても指先が冷たい!

20181127_007.jpg
2時間程で弥陀ヶ池に到着しました。
凍った弥陀ヶ池の後ろに日光白根山が白く輝いています。

20181127_008.jpg
5分ほど進むと峠から眼下に五色沼が見えてきました。

20181127_009.jpg
20分程度で五色沼に到着。
山の稜線に囲まれて盆地状の湖面は全面が凍り、
青い空、枯れた木々、白い雪に映えてとても綺麗です。
日差しが強く暖かく見えますが、氷の湖面を吹く風はとても冷たいです。

20181127_010.jpg
強い風と氷で作られる自然の造形。
湖面から突き出した岩の廻りの水しぶきがそのまま凍りついています。

20181127_011.jpg
こちらも不思議な氷。
四方が30センチ位で厚さも1センチはあるガラス板状の氷が
何枚も湖岸に風で打ち上げられていました。

20181127_012.jpg
五色山方面に登って行くと遠く尾瀬の山々が見えました。
雪を被って冬山の様相です。

20181127_013.jpg
稜線から見下ろす五色沼。

20181127_014.jpg
弥陀ヶ池まで戻ってきました。
今回はゆっくりと雪を楽しみながら6時間程の行程でした。
12月下旬には国道120号の金精トンネル(金精道路)が
積雪のため閉鎖されてしまいますので、日光側から菅沼登山口に
行かれるのもあと一か月となります。

これからの奥日光は観光シーズンも終わり
道路も半月山スカイラインや山王林道が閉鎖され、
赤沼自然情報センターや千手ヶ浜に行くシャトルバスも終わり、
レストハウスや茶屋も閉める店がでてきます。
春まで寂しくはなりますが、雪が降ってくるのを待ちながら
スノーシューやクロスカントリースキーの計画でもされてはいかがでしょう。

日光光徳小屋は、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究など、
多くの学生が訪れています。
詳しいご案内はこちらから


11月10日 ボーイスカウト東京豊島第1団<学習院隊>の活動拠点である、
新隊舎の完成を祝う、新築披露会が行われました。

20181113_001.jpg

20181113_002.jpg
(写真:披露会の様子1)

20181113_003.jpg
(写真:久米邦貞 育成会会長よりお祝いの言葉)

20181113_004.jpg
(写真:内藤政武 学習院長よりお祝いの言葉)

この新隊舎は4代目の隊舎であり、沢山の方のご支援により
移転新築計画が実現されました。

20181113_005.jpg
20181113_006.jpg
(写真:新隊舎)

また学習院と日本のボーイスカウト活動は深い結びつきがあります。
10代目の院長であった乃木希典が明治44年にイギリスを訪問した際、
現地のボーイスカウト活動に感銘を受け、その後学生たちとともに、
片瀬海岸でキャンプを行ったのが発祥といわれています。

東京豊島第1団は、初等科3年生~高等科3年生の隊員を中心に、
日本ボーイスカウト発祥以来の精神を受け継ぎ、
現在も非常に活発な活動を展開しています。

20181113_007.jpg
20181113_008.jpg
(写真:披露会の様子2)

ボーイスカウト活動の理念である「子どもたちの自発性」を重要視し、
規範的な活動を続けている東京豊島第1団が、新隊舎と共に
益々の発展と充実した活動を行っていくことを祈願し、
新しい節目をお迎えする素晴らしい会となりました。

20181113_009.jpg

学習院女子大学図書館では6月~10月(第1回)、10月~翌3月(第2回)に
ブック・セレクト・ツアー・プロジェクトを実施しています。
学生自身の手でブック・セレクト・ツアー(選書)、POP作成、館内展示、
という一連の業務を実施してもらう恒例企画の本年度第1回目です。
選んだ本は紀伊國屋書店新宿本店でも「学習院女子大学の学生が選んだおすすめ本」
フェアとして展示されています(展示は11月9日(金)夕方まで)。

手始めの作業となるブック・セレクト・ツアーは6月に実施され、
紀伊國屋書店笹塚店のご協力のもと17名の学生が参加しました。

20181102_001.jpg
(写真)ブックセレクトツアーの様子

学生たちは、話題の本から哲学、経済学など学問の入門書や、
美術書、海外事情、就職関連、自己啓発関連など、
さまざまなジャンルの書棚から次々に内容をチェックして選びます。
どの本を選んだらよいか悩みがちな下級生や初参加の学生に対して、
上級生が率先してアドバイスしている姿が印象的でした。

続いて、学生たちは夏休みの間にPOPカードを書き上げます。
そして秋学期が始まってすぐに、
「お薦め理由」を書いた個性溢れるPOPカードと共に本を館内に展示します。

20181102_002.jpg
20181102_003.jpg
(写真)展示された本

20181102_005.jpg
(写真)展示した学生たち

展示作業は過去に展示作業を経験した学生がリーダーシップをとり、
複数の作業を同時並行ですすめます。
最後に全員で図書館利用者の動線、見た人に与えるインパクトを
考えながら配置をチェックして終了です。

そして、選んだ本と作成したPOPは紀伊國屋書店新宿本店でも
「学習院女子大学の学生が選んだおすすめ本」として展示されます。
11月9日(金)夕方まで展示中です。ぜひ足を運んでみてください。

20181102_004.jpg
(写真)「学習院女子大学の学生が選んだおすすめ本」フェア

※学習院女子大学図書館のホームページはこちらから
※学習院女子大学のホームページはこちらから

ページの先頭へ