ホーム > 学習院公式ブログ

2015年度、学習院女子大学の「とうがらし応援隊」結成から始まった、
学習院での伝統野菜(内藤とうがらし、内藤かぼちゃ)の栽培、食育活動は
2016年から学習院各科とも連携し、現在も多様な活動を展開しています。

20190208_001.jpg
乾燥させたとうがらし

学習院高等科では、コンピューター室前で栽培した内藤とうがらしを使って、
2018年度の第3回と第4回の調理実習を行います。

20190208_002.jpg
とうがらしの苗をプランターに植え替え(2017年度)

20190208_003.jpg
赤く色づいたとうがらし(2017年度)

20190208_004.jpg
とうがらしの収穫(2017年度)

内藤とうがらしを使った2018年度の第3回
調理実習~前編~(1月30日実施)では、
内藤とうがらしクッキーの生地作りを行います。
第4回の調理実習~後編~では、冷凍庫でねかせた生地を焼き上げ、
クッキーが完成しますのでこちらも併せてご覧ください。

20190208_005.jpg
実習開始前に家庭科の森先生から、今回のポイントが説明されます。
プラスチックの資源ゴミの回収や、使用済みのまな板、包丁は
熱湯をかけてからしまうなど、調理以外にも大切なポイントが解説され、
みんな熱心に耳を傾けています。

20190208_006.jpg
クッキー担当の生徒たちが一斉に生地作りを開始しました。
やわらかくしたバターを、クリーム状になるまで混ぜます。

20190208_007.jpg
薄力粉、粉チーズ、ゲランド塩などの材料の後に、
いよいよ内藤とうがらしパウダーを加えます。
最初にすり切り1杯を入れて混ぜ、各班調整しながら
好みの辛さになるよう、味見しながら追加していきます。

20190208_008.jpg
クッキーの形成にはこちらのプレートを使用します。

20190208_009.jpg
所定の長方形にラップを折りたたみ、中に生地を入れて伸ばしていきます。

20190208_010.jpg
四隅までしっかり生地を伸ばせば、きれいに成形できました。

20190208_011.jpg
出来上がった生地に、クラスと班を記入し冷凍庫に保管します。

今回の実習では、メインの料理として手打ちカレーうどんを作りました。
20190208_012.jpg
太さもそれぞれの、味わいのある麺ができありました。

20190208_013.jpg
茹で上がった麺を、さらに出汁つゆに入れてひと煮立ちさせたら取り分けます。
作っておいたカレールーをかけて完成です。

最後に季節感たっぷりの、和菓子を作っていきます。
20190208_014.jpg
宮中で人手が足りない時に餅を丸める手間を惜しんで
引きちぎったのが始まりと言われる「引きちぎり」。
ざるを使ってあんを成形します。

20190208_015.jpg
今回のメニュー、カレーうどんと、和菓子の「引きちぎり」が完成しました。
春らしい色合いと、よもぎの香りが食卓を彩っていました。

20190208_016.jpg
先程のクッキー生地、よく見ると色がそれぞれ違っています。
次回、各班どんな味のクッキーができあがるでしょうか。

学習院高等科のホームページはこちらから

1月30日(水)から2月4日(月)まで、
第34回東京私立小学校児童作品展が、松屋銀座の
8階イベントスクエアで開催され、東京の私立小学校の
うち25校の児童作品が展示されました。

この展覧会は、当初から統一テーマを設けず、
またコンクール形式も排して、児童の自由な造形活動を
何よりも大切にしてきたとのこと。
広い会場は、子どもたち一人ひとりの個性豊かな、
色とりどりの作品で埋め尽くされました。

学習院初等科は、「ひらいてみたら」を統一テーマに、
1年生・3年生・5年生・6年生の全児童による
集合作品を展示しました。
学年ごとに相応しいサブタイトルを設け、
素材や表現方法も工夫された見ごたえのある作品でした。

◎学習院初等科作品「ひらいてみたら」
20190201_001.jpg

○1年生:せつぶんのとびら、ひらいてみたら
20190201_002.jpg

20190201_003.jpg

○3年生:心のとびら、ひらいてみたら
20190201_004.jpg

20190201_005.jpg

○5年生:ものがたりのとびら、ひらいてみたら
20190201_006.jpg

20190201_007.jpg

○6年生:夢のとびら、ひらいてみたら
20190201_008.jpg

20190201_009.jpg

※学習院初等科のホームページはこちらから

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋管理人の三樹さんから
1月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

20190131_001.jpg
男体山志津峠からの初日の出。外はマイナス10℃、
寒いので管理人棟の窓から初日の出を拝みました!

20190131_002.jpg
元旦、初詣で中宮祠二荒山神社へ行きましたが、
都会の神社と違い混雑はありません。
すっかり地元の人となりゴム長で初詣です。

お正月を迎えましたが今年は雪が遅く昨年の半分程度の積雪で、
下旬になりようやく50センチを超えるようになりました。
光徳周辺も週末になるとスノーシューや
クロスカントリースキーを楽しむ人が増えてきました。
私達も数少ない晴れ間のチャンスを楽しもうと、
小屋の前からスタートして雪原になった湿地帯を通り、
クロスカントリースキーのコースに入って光徳牧場の裏から
光徳沼へ行き、逆川沿いの道を経て戦場ヶ原からの
男体山を見に行って来ました。

20190131_003.jpg
小屋の前からスノーシューを付けて出発。
笹藪の中はまだ雪が落ち着いていないのでスノーシューを
履いていても膝近くまで潜り結構なラッセルです。
主人はヒールフリーのテレマークスキーですが、
スキーでも時々脛くらいまで沈んでいます。

20190131_004.jpg
雪原になった湿地帯と太郎山。
夏は一面のワタスゲで白くなりますが今は雪で真っ白。

20190131_005.jpg
樹々の間をのんびり歩いていると頭上に緑藻の様に見える
サルオガセ(木々の幹や枝にぶら下がる細い糸状のものです)
に雪が被って可愛いです。

20190131_006.jpg
光徳牧場裏まで来ると太郎山、子真名子山、大真名子山が望めます。

20190131_007.jpg
光徳沼も一面雪に覆われています。正面に男体山。

20190131_008.jpg
逆川沿いの道の周りはシカやタヌキやキツネ等の
動物たちの足跡が沢山見られます。

20190131_009.jpg
国道を横切り、戦場ヶ原に入って白樺林の中の木道を進んで行くと
周りがパーッと開けてお目当ての男体山の景色に出会えました。

20190131_010.jpg
木道の上は雪が少なくスキーを履いている主人はチョット苦労しています。

20190131_011.jpg
帰りはクロスカントリースキーのコースから戻ります。
キレイに圧雪されたコースの上に、いかにも上級者と思える
クロスカントリースキーのスケーティングの
一歩一歩が長~い跡が残っていました。
背の高いステキな外国の男性スキーヤーでした!

20190131_012.jpg
アストリアホテル所有の圧雪車。
クロスカントリーのコースはアストリアホテルが
整備していますが、この圧雪車は平昌オリンピックで
使っていたものだそうです。

2月の奥日光では次のような冬ならではの数々のイベントがあります。
*2日㈯ 奥日光湯元温泉:湯の湖畔「鍵屋・冬の花火大会」
*2日㈯~10日㈰ 奥日光湯元温:泉雪まつり「雪灯里」
奥日光湯元温泉:スノーファンタジア全日本氷彫刻奥日光大会
*3日㈰ 日光湯元ビジターセンター:冬の御沢金剛協ツアー
*9日㈯~10日㈰ 日光自然博物館:中禅寺温泉カマクラまつり
*15日㈮ 日光湯元ビジターセンター
:冬の奥日光アニマルトラッキング
*17日㈰ 奥日光湯元温泉:雪上探検ツアー
*3月2日㈯ 奥日光湯元温泉:湯元スキー場スノーフェスティバル
*3月9日㈯~10㈰ 日光アストリアホテル
:日光国際山岳スノーシューイング・レース

ホテルや旅館ではスキーやスノーシュー等の雪遊びができる
宿泊プランもあって色々と楽しむことができます。
是非奥日光にお越しください。

日光光徳小屋は、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究など、
多くの学生が訪れています。
詳しいご案内はこちらから


学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋管理人の三樹さんから
12月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************
今年の漢字一文字は「災」。
全国規模で今まで見た事もないような自然災害を目のあたりにしました。
これまで山に親しんできたことで自然の美しさや恐ろしさは知ってきた
つもりですが、奥日光でも中禅寺湖畔や戦場ヶ原の国道沿い、
光徳園地にある大木(まさか倒れるとは思えないような大木です)が
倒れ停電になったり...、今年は改めて自然の驚異を感じた一年でした。

光徳小屋で生活していますと1年の流れが速く感じます。
山の自然の中での生活パターンは太陽が昇ると始まり沈むと終わり、
晴耕雨読とまではいきませんが仕事も食料買い出しも趣味も全て天候に左右され、
四季折々の花や草や木、昆虫や動物たちの変化する様を見ていると
アッと云う間に12月になってしまいました。
ウインターシーズンを迎え、身の回りの様々なシーンをご覧ください。

《その1:除雪》
小屋から入り口ポストまでの730メートルの道路と
小屋周りの動線を確保するため除雪が始まりました。

20181226_001.jpg
道路の除雪は雪の下に砂利が隠れていて石を噛むこともあり結構難しいです。

20181226_002.jpg
小屋周りの動線確保には雪を捨てる場所を先ず決めてから開始です。

《その2:アニマルトラック》
雪が降りだすとあちこちに動物たちの足跡が残り、
何の足跡か探すアニマルトラックが楽しいです。

20181226_003.jpg
ヒメネズミの足跡。
雪面を注意していないと見逃すくらい小さく1センチ程です。

20181226_004.jpg
タヌキの足跡。3センチ程で前後に2つが並んで残ります。
ちなみにキツネの足跡は4つ足なのに一直線に並ぶモンローウォークです。

20181226_005.jpg
この足跡は20センチ近くのもので、小屋横の斜面から出て来て
道路を横切り小屋の前を通って川の方に歩いていました。
クマです!爪と掌がハッキリと分かり怖かったです。
まだ冬眠していなかったようで、小屋から外に出る時は
周りに注意しながら出ていました。

《その3:光徳牧場》
光徳牧場の牛たちは雪になると山王林道沿いの広い牧草地から
裏手の狭い場所に移動します。ちなみに山王林道沿いの広い牧草地は
クロスカントリースキーのコースになります。

20181226_006.jpg
牧場裏の牧草地で草をはむ牛たち。奥の山は右が男体山で左が大真名子山です。

《その4:日光湯元温泉スキー場》
日光湯元温泉スキー場がオープン。
初日に中宮祠二荒山神社による安全祈願神事や
オープンセレモニーが行われるので参加してきました。

20181226_007.jpg
快晴の青空の下で関係者によるテープカット。
奥に見える金精山が綺麗でした。

20181226_008.jpg
中宮祠二荒山神社の神主さんやインストラクターによるたいまつ滑降。
神主さんのスキーやボード姿は初めて見ましたが中々の腕前でしたよ。

20181226_009.jpg
オープン初日はリフトが無料開放でしたので初滑りをしました。
このスキー場は緩斜面が多く初心者向けのスキー場で、
男体山と湯の湖に向かって気持ちの良いスキーができます。
この日は10名ほどのお客様でまるでプライベートスキー場でした。

《その5:登り納め》
今年の登り納めで日光白根山に行ってきました。
先月と同じく菅沼登山口から出発ですが、今回は残念ながら
ガスと強風で写真を撮る余裕も無く、頂上に着いても
直ぐに下山と云う中々厳しい山行でした。

20181226_010.jpg
弥陀ヶ池に到着しましたが何も見えません。
先月の写真と見比べていただくと違いが分かります。

20181226_011.jpg
頂上はガスと強風のため三角点を踏んだら即下山し、
下る途中で弥陀ヶ池が見え始めた所でやっと写真を撮る事ができました。

今年も多くの学生さんやOB・OGの方々に光徳小屋を利用いただき、
また、光徳小屋のブログを見ていただきありがとうございました。
これからも色々な情報発信をしていきたいと思いますので
来年もよろしくお願いいたします。

20181226_012.jpg
皆さま、よいお年をお迎えください。

日光光徳小屋は、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究など、
多くの学生が訪れています。
詳しいご案内はこちらから

大学史料館では、11月28日~12月22日まで高等科生によるミニ展示
「学びの窓に吹くそよ風~高松宮旧蔵教科書展~」を開催しています。

20181214_011.jpg

この展示は学習院高等科2年生総合「博物館を知ろう」の成果として、
毎年テーマを代えて行われています。
この総合では受講生に、資料の取り扱い方法から調査、展示方法を学んでもらい、
実際に展示図録の作成などを通して、学芸員が日常的に行っている業務を体験し、
博物館への興味・関心を高めてもらうことを目的としています。

平成30年度は、大正天皇の3人目の皇子・高松宮宣仁親王(1905~1987)
が使用していた学習院初等学科・中等学科時代の教科書を取り上げています。
史料館には高松宮家から寄贈された教科書が120点ほど収蔵されていますが、
教科書をテーマとして展示を行うのは初めての試みということです。

受講生は1冊ずつ担当の教科書について調査し、1、2学期を通して
展示図録の内容を執筆し掲載する写真も撮影にあたっています。
また実際の展示の準備やパネルの作成も全て自分たちで作り上げています。

20181214_012.jpg
(写真)『動物学新教科書』冒頭カラー頁 1917年12月13日発行 
この教科書には人間や動物の細胞についての記述がないことから
当時の顕微鏡はあまり発達していなかったと考えられる。
本資料は高松宮が中等科の時に使用されたと思われる。
(展示図録より抜粋)

20181214_013.jpg
(写真左)『馬術教程 陸軍中央幼年学校本科用 全』
乗馬の方法 1916年7月発行
展示パネルでは、学習院が日本で初めて学生馬術教育を正規の授業と定め、
現在は「馬術部」として伝統を受け継いでいることが解説されている。

20181214_014.jpg
(写真中央)『大正改版 中学読本 巻一』1912年11月5日発行

20181214_015.jpg
(写真)展示図録 表紙
『大正改版 中学読本 巻一』を元に受講生が表紙のデザインも行っている。
展示された教科書について、筆者や関連項目についても分かりやすく解説されている。
会場にて無料配布。

20181214_016.jpg
(写真)『新定 漢文読本 二』目次下書き込み
「外国のことのは習ふ 我々の 学びのまどに吹く そよかぜ」
ミニ展示のタイトルは、この書き込みの発見から受講生たちが考案した。

20181214_017.jpg
(写真)受講生が描いたイラストを使用したポスター。
展示した教科書の内容をモチーフに、精彩に描かれた力作。

今回展示されている多くの教科書は一般に流通しており、
そこまで珍しいものではないかも知れませんが、随所に宮自身の印や
書き込みが残されており、この世に1点しかないものになっています。
また実際に学習院で教鞭をとっていた筆者が多く、
この点に注目して見学するのも興味深く感じました。
12名の受講生がそれぞれ1、2学期を通して1冊の教科書と向き合い、
会場全体の見やすさや、デザインにもアイデアが詰まった展示となっています。

このミニ展示は12月22日(土)まで学習院大学史料館にて開催中です。

学習院高等科のホームページはこちらから
学習院大学史料館のホームページはこちらから


ページの先頭へ