ホーム > 学習院公式ブログ

6月9日(土)、第86回学習院大学史料館講座
「辻邦生《背教者ユリアヌス》をめぐって-美術と文学の観点から-」が
学習院大学目白キャンパス百周年記念会館にて開催され、
一般の方、学習院関係者合わせて519名が参加しました。

ユリアヌスは、ローマ帝国がキリスト教を国教とした後に、
キリスト教への優遇を改めた最後の皇帝として知られ、
そのことからキリスト教側から見て「背教者」と表現されました。

辻邦生47歳の作品である「背教者ユリアヌス」。
主人公ユリアヌスは、この物語の中で、美術や哲学、歴史など、
人間の生み出すものを深く愛した人物として描かれます。
誕生から死までを描く長大な物語の中で、
その端々に語られるユリアヌスの人生に影響を与えるモザイク画や装飾、古代美術、歴史や知への愛。
それを描写する辻邦生のきらびやかな文体や多彩な言葉選びのセンス、
修辞技法が存分に発揮された代表作の一つで歴史ファンタジーの名作といわれる作品です。

この講座は2部構成になっており、第1部では美術史家の金沢百枝氏により、
物語の中で語られた美術品について、実物やモチーフを示し、
制作された背景や特徴を解説、美術史学的な観点から作品世界の理解を深めました。

20180615_001.jpg
(写真:金沢百枝氏)

金沢氏は辻邦生の奥さまである佐保子夫人とも交友があり、
辻邦生の著作「背教者ユリアヌス」では、ユリアヌスがギリシャ的な古代世界から
キリスト教的なものへと世界が変化することを、
「繋ぎ止めようとする」最後の人物として描かれるのに対し、
佐保子夫人の研究は、キリスト教美術が、古代のものや異教的なものを、
どのように借用していったのかを明かにしようとするものだったと語り、
テーマに対する夫婦間の対照的な照射を興味深い点としてご指摘されました。

20180615_002.JPG
(写真:加賀乙彦氏)

第2部では小説家・精神科医で辻邦生と友人だった加賀乙彦氏が、
パリ留学時代や、加賀氏に小説を書くことを決意させたやりとりなど、
実際に言葉を交わした人間・辻邦生の思い出をユーモラスな語り口でご紹介いただきました

関連展示が辻邦生の命日である7月29日の「園生忌」に合わせて開催されます。

・展覧会情報
《背教者ユリアヌス》展 日時:7月18日(水)~8月11日(土)10時~17時(閉室:日曜日)
 会場:学習院大学史料館(北別館)内

・朗読会
日時:7月27日(金)第1回11時~、第2回13時30分~
会場:学習院大学史料館(北別館)※入場無料・事前申し込み不要 定員先着30名

是非お越しください。

学習院大学史料館ホームページはこちら

5月28日(月)
目白キャンパスで38回目となる「馬とふれあう会」が行われました。
3_1_173A0688.jpg
学習院と豊島区の連携により実現されたこの会は、
現在では豊島区全域の支援センターなどを利用する子どもたちと、そのご家族にご参加いただいています。

3_2_173A0677.jpg
地域に貢献したいという思いから、2000年にスタートしたこの会は
馬術部とそのOB・OG組織である桜鞍会(おうあんかい)の運営により行われています。
馬のやさしい姿に心が和んだり、ぬくもりを直接感じられたり、ゆったり歩く穏やかな揺らぎが心身をリラックスさせ、
脳への良い刺激になるなど、様々な効果が期待されています。
このような馬とのふれあいに着目し、厩舎で馬とふれあう会としてスタートしたのが始まりです。

3_3_173A0797.jpg
3_4_173A0681.jpg
ただ馬に乗ることだけでなく、「そばで様子を見たい」、「さわってみたい」という子どもの気持ちを大事にしているそうです。
馬とふれあうことで新しい体験をし、ご家族と子ども達のよい思い出づくりになるようスタッフ一丸となって取り組みます。

3_5_173A0802.jpg
馬の歯の長さや、息づかいに驚いていた子どもたちも、上手ににんじんをあげることができました。
普段はなかなかふれることができない大きな動物に、親しみを持って接していました。

3_6_173A0761.jpg
馬に乗って、場内を一周してきた子どもたちからは達成感に満ちた笑顔が見られ、
乗り終わっても名残惜しそうに振り返りながら帰路についていました。

3_7_173A0706.jpg
年2回行われるこの会は、次回は11月に開催予定です。
子どもたちの感動・成功体験と、サポートする学生たちの学び、
それを見守るご家族や地域の方など、沢山の人の想いが詰まったこの会を、
これからも大切に続けていって欲しいと感じました。

学校法人学習院の社会連携に関する情報はこちらから

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋管理人の三樹さんから
5月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

花の開花はその年の気候状況によって大きく左右されます。
今年は雪が少なく雪解けも早いと思っていたところ、GWが過ぎてから雪や霜が降り、
花や木々にどんな影響があるのか心配していました。...が、中禅寺湖のサクラは開花が昨年より一週間ほど早く
GWに満開となり、その後は戦場ヶ原~湯元と標高の高さに従って咲き出しました。
サクラが終わる頃にはアカヤシオ、トウゴクミツバツツジ、ヤシオツツジ、シロヤシオ、
シャクナゲが順調に咲き出しています。
湖畔一面がシャクナゲに覆われる「湯の湖」を見に行ったのですが、
タイミングを捉えるのが難しく最盛期を逃してしまいました。...チョット残念です。

20180530_1.jpg
まだ少し残っていた「湯の湖」湖畔のアズマシャクナゲです。

20180530_2.jpg
「湯滝」の落ち口ではズミが今にも咲きそうでした。
蕾はピンク色ですが花弁は白く、木全体が白く花で覆われます。

20180530_3.jpg
ズミの横には濃いピンク色真っ盛りのトウゴクミツバツツジ。

光徳小屋でも中旬には今までの冬枯れた風景が一変し、
木々の新芽や数々の花が咲き出して春を感じさせる風景になってきました。
新緑の光徳小屋周辺です。

20180530_4.jpg
小屋入り口の案内とポスト。ミズナラの木にも遠目では分かりませんが小さく芽が吹いています。

20180530_5.jpg
小屋入り口から林道を700メートル、突然見える新緑に囲まれた光徳小屋。

20180530_6.jpg
右手の草地斜面は枯れ色から若草色に変わってきました。
斜面をよく見ると白いシロバナノヘビイチゴや黄色のミツバツチグリが一面に咲き始めています。

20180530_7.jpg
大きさが1センチ程の白いシロバナノヘビイチゴの群生。6月には赤い小さなイチゴの実がなります。

20180530_8.jpg
そして、直径30センチの浅い窪地に薄青紫色のサクラソウが寄り添って咲いています。

20180530_9.jpg
小屋の前にあるズミの木にも蕾が付きました。小屋では天気が良い日に2階のベランダで布団干し...。

20180530_10.jpg
小屋2階のベランダから。冬は男体山と大真名子山が見えるのですがが、
今ではすっかり木々の葉に隠れてしまいました。

20180530_11.jpg
草地斜面を中程まで登ると新緑に覆われた木々の頭から男体山が見えます。

20180530_12.jpg
草地斜面からの小屋。右手のハルニレの木はまだ芽が出ていませんが、
奥の山の斜面は芽が出始めたダケカンバや広葉樹、針葉樹の若草色のコントラストがとても綺麗です。

20180530_13.jpg
小屋近くの林道脇にあるコシアブラの木を地元の方に教えてもらいました。
タラの芽は「山菜の王様」、コシアブラは「山菜の女王」と云われていますが、
3~4センチに伸びたコシアブラの新芽を天ぷらにして大変美味しくいただきました。来年も楽しみです!

20180530_14.jpg
夕方に管理人棟の玄関を開けたところ、5メートル程離れたズミの木の下で
新芽を食べる3頭のシカの親子が居るではありませんか!慌てて写真に収めました。
また、20日には春の訪れを知らせるエゾハルゼミが鳴き始めました。
しばらく奥日光ならではのBGMが流れることでしょう。
これから6月、7月、8月と奥日光は数々の花や樹や動物たちが目を楽しませてくれます。
ハイキングやサイクリングに是非いらしてみてはいかがでしょうか。

今月のゼミ・サークル紹介は「山岳部」です。GW期間中に山王帽子山、日光白根山、男体山の各山々の
登山のため、新人部員を含めた学生5名とOB4名の計9名で光徳小屋を利用して貰いました。

20180530_15.jpg
天気も良く、皆さん大きなザックで元気に出発です。また、お待ちしています。

*************************************************************

日光光徳小屋は、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究など、
多くの学生が訪れています。
詳しいご案内はこちらから

5月12日(土)、
女子大学やわらぎホール(戸山キャンパス)にて、
英国劇団ITCLによるシェイクスピア劇『ロミオとジュリエット』が開催されました。
2007年より毎年招聘し、今年は12回目の公演となりました。

言わずと知れた有名な悲劇『ロミオとジュリエット』、
若者たちの苦悩や友情、喜びを、時にシリアスに、時にユーモアを交え表現しました。

使用言語は英語ですが、同時日本語字幕も用意されており、
来場された多くの方に楽しんでいただきました。

関連ページはこちら(2018年度公演は終了しました)
学習院女子大学ホームページはこちら

20180517_001.jpg

2018年3月26日(月)、ハワイのプナホウ高校の生徒たちが目白キャンパスに来校し、
演奏会およびバレーボールを通じて学習院高等科の生徒と交流を深めました。

プナホウスクール(Punahou School)は、オバマ前大統領が卒業した学校としても知られる
全米でも有数の規模と教育の質の高さを誇る名門私立学校です。
SGLI (Student Global Leadership Institute)という高校生会議を毎年夏に主催し、
11の国と地域の26校から80名ほどの高校生がプナホウスクールに集い、
グローバルリーダー養成のための研修を受け、その成果をそれぞれの学校に伝えています。
学習院高等科も2012年以来、毎年3名の代表生徒を送り、今年で7回目の参加になります。

さらに、昨年7月にはLanguage and Culture of Contemporary Japanという
日本語研修プログラムで来日したプナホウ高校の生徒を、中・高等科の生徒の
家庭がホームステイで受入れるなど、近年急速に交流を深めています。

今回の交流会は、こうした流れの中で、プナホウスクールが誇る管弦楽団と
全米屈指の強豪チームであるバレー部が合同で3月後半に日本縦断ツアーを行う際の
交流相手として学習院高等科に声がかかり、実現することとなりました。

2_173A7102.jpg
(写真)学習院吹奏楽団による演奏

2_173A7138.jpg
(写真)Punahou Stringsによる演奏

2_173A7167.jpg
(写真)Punahou Choraleによる合唱

2_DSC00155.jpg
(写真) バレーボール 合同練習の様子

2_DSC00215.jpg
(写真) バレーボール 試合後の集合写真

7月には、昨年度に引き続きSGLI (Student Global Leadership Institute)への参加が予定されており、
現在、高等科および女子高等科から選抜された6名の生徒が、
今年のテーマ "social consciences" について準備を進めています。

学習院高等科のホームページはこちらから

ページの先頭へ